花崗岩と龍脈エネルギー!!

花崗岩が龍脈の正体

花崗岩が龍脈の正体

 

スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」の冒頭シーンに、人類の祖先の前に突然大きな石板が現れ、人類が知恵を付け進化して行く過程が描かれています。

 

 人類にとって花崗岩は、あの石板であると言えます。キューブリック監督は古代風水を理解していたのかもしれませんね。

 

 人類の祖先達が好んで住居としていたのは、岩陰や洞窟だったと考えられます。石器を使用する様になってからは特に、材料が豊富な岩場を拠点とするのが都合が良かった筈です。

 

 全てが花崗岩であった訳ではありませんが、アフリカを出た人類の先祖は洞窟を起点として行動していたのです。龍脈エネルギーが人類の進化を促進したと言えるかもしれません。

 

龍脈

 ヨーロッパを旅した方ならばおわかかりだと思いますが、町中が石で溢れていますね。それに引き換え、東洋では、宮殿や貴族の屋敷には石を多用しましたが、町や道路を石で整備する事はなかったのです。王朝を永く維持するためには、人民に力を持たせる訳にはいかなかったのです。

 

 ある意味正しかったと言えるかもしれません。その後の歴史が語っていますね。ヨーロッパでは、一般市民が龍脈エネルギーを享受できる環境が造られました。

 

 その結果、西欧諸国は世界の覇権を握りましたが、市民が力を得た事で民主主義が台頭し、例外なく王権が剥奪されるか縮小され、真の民主主義国家が樹立されました。

 

 しかし、東洋では日本はアメリカにより民主主義国家となる事ができましたが、他国はどうでしょうか。韓国は一見民主主義国家の様に見えますが、実態は財閥による支配国家と言えるのではないでしょうか。

 

 中国は言う必要はないですね。日本の役人がコンクリートを好むのは、もしかしたら庶民に力を持たせないためかもしれませんよ(まぁコストが安いからだとは思いますがね)。

 

 龍脈の近くに住む事ができれば良いのですが、これは造る事もできます。本格的なものを造るには金と時間がかかり過ぎますが、ピンポイントならば予算に合わせて簡単に造る事ができるのです。

 

 あなたも普段比較的長時間いる場所にピンポイント龍脈を造ってみませんか(最も簡単なものならば数千円でできますよ)。

 

 古代風水の要素が何か、その科学的根拠が何かがわかれば、人工的に環境を整える事もできるのです。

 

 

(「次へ」)

 

トップページ

 


関連ページ

古代風水の要素
古代風水の要素とは、自然から与えられるエネルギーです。では、そのエネルギーとは何かを見て行きましょう。
太陽は古代風水の要
古代風水で最も重要視されている太陽の効能について御説明します。それは古代風水の要と言えます。
太陽は免疫の母
太陽は人間にとって、免疫を強化してくれる大事な存在であり、癌の予防効果もあります。それは免疫の母と言えるのです。
太陰(月)は悪気の代表
古代風水で太陰は悪気の代表とされます。月は恐れる対象であって、愛でる対象では無かったのです。
潮汐力の影響
大量の海水を動かし、潮の干満差を与える潮汐力は、人体に全く影響を与え無いのでしょうか?
龍脈は古代風水の真髄
古代風水では、龍脈を上手く利用する事が成功の必須条件です。それを見極め、造り出すのが古代風水の神髄です。
古代風水を活用しよう
古代風水の要素を御説明いたしましたが、興味を持っていただけたでしょうか。貴方の健康と成功の後押しをしてくれる筈です。

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール