アパラチア龍脈探訪記!!

アパラチア山脈( アメリカ合衆国 )

アパラチア山脈はアメリカ合衆国を代表する龍脈

アパラチア山脈は、北アメリカ大陸の東部に位置し、アラバマ州からカナダのニューファンドランド島に至る( 南西から北東 )全長約2,600 qの山脈です。永年の風化により1,000 級の山々の連なりとなっています。合衆国東海岸建国13州のほぼすべてに跨り、正に北西の盾となっており、これを背景にして山脈の南東側に都市が発達しています。アパラチア山脈の成因についての説明は備考を参照して下さい。

 

 今回の目的地は、その最高峰ミッチェル山( 2,037m )の近く、ノースカロライナ州のミッチェル郡です。ここには最大の町( Town )で「世界の鉱物都市」( ちょっと言い過ぎかも )と称するスプルースパインと言う町があります。この周辺の龍脈の調査にやって来ました。

 

 この辺りは良質のアラスカイト( 花崗片麻岩 )や石英ペグマタイト( 花崗岩の結晶が巨大に成長したもの )を産出します。アラスカイトは花崗岩が熱変成を受けた岩石で、石英結晶が純化されており、龍脈のエネルギーとしては申し分ないと言えます。実は、補助アイテムとして試作中の龍脈の素の原料候補なのです。

 

アラスカイトは花崗岩が熱変成を受けた岩石

 

 鉱山会社の案内でアラスカイト鉱山に御邪魔しました。上の写真手前の白い岩がアラスカイトです。天気が良く、空の青とアラスカイトの白が際立っています。アラスカイトは風化し易い為、重機で簡単に採掘出来る様です。

 

アパラチア山脈の眺望

 ここは龍脈の真上に当たります。右の写真は鉱山から南西方向(アパラチア山脈の方向)の眺望です。このずっと先にアラバマ州があります。「なんと、雄大な事でしょう」と言いつつ、ここに来るのは今回が2回目で、鉱山にはあまり興味は無いのです ( 案内してくれた方、ごめんなさい )。本当の目的は、前回宿泊したホテルなのです。どうしても、もう一度泊まりたくて「やっとここまでやって来たんです( 大泣き )」。この近くの、リトルスウィッツァランド村( Little Switzerland village )に在るSwitzerland Innのバルコニーから朝日を眺める為です( と言うのは冗談ですが )。

 

Switzerland Innのバルコニー

 

 ここは、夏の避暑地の様な所で、近くには別荘地もあります。手頃な売り物件もあります( 日本円で500万〜)。前回曇りで朝日を見る事が出来ませんでしたので、晴れてくれると良いのですが。

 

バルコニーからの朝日(時間変化)

 

 何とも幻想的な一時でした。しかし多分もう来ることはないでしょう( その理由はまたいつか )。このホテルが気に入ったのは、客室の山小屋風で落ち着いた雰囲気と従業員のフレンドリーな態度、そして芝生の美しさは何とも言えません。お金と時間に余裕がある方は是非どうぞ。これで、アパラチア山脈龍脈の旅は終わりですと言いたいところですが、「折角ここまで来たんだから、ワシントンD.Cまで足を運ぼう」( 本当は経由地の為仕方なく )。

 

ペンシルバニア通側からのWhite Houser

 てな訳で、ワシントンD.C.( 合衆国 の首都です、世界の政治の中心です、バラクに会えるかな )に仕方 なく来ちゃいました。まずは何と言ってもホワイトハウスですね。早朝にも拘らず電気がついています。ペンシルバニア通側からは意外に近いです。「バラク!元気か?」と叫べば聞こえそうですが、すかさずSPに取り囲まれるでしょう。

 

赤みが差した空に突き出たオベリスク(ワシントン記念塔)

 次はワシントン記念塔です。ここに来るまで、アメリカ合衆国に1本だけ運ばれたエジプトのオベリスクはこれだと思っていましたが、これは純国産なのだそうです。本物のオベリスクはニューヨークです( 実に恥ずかしい )。因みに現存するエジプトのオベリスクは、イタリアに16本( 内ローマに13本 )、エジプトに7本、フランスとイギリスに各2本、トルコとイスラエルとアメリカに各1本の合計30本です。オベリスクのほとんどは花崗岩製です。ピラミッドの基礎や内部構造にも花崗岩が使用されているそうですので、エジプト人は龍脈を感じていたのかも知れません。ここのオベリスクは大理石・花崗岩・砂岩製。赤みが差した空に突き出たオベリスクが、何とも幻想的です。観光地に行ったら早起きし、写真を撮る事にしています。思いがけない良い写真が撮れる事があるからです。良い記念になる事間違いないです。

 

暁に染まるアメリカ合衆国議会議事堂

 最後に暁に染まるアメリカ合衆国議会議事堂です( と言うか陰になってるじゃん )。なかなか様になっていますね( 嘘つけ )。流石は世界の覇権国ですね。何もかもが様になっています( 時には失敗もするのです、そういう事にして下さい )。日本とは大違いです。所詮、上っ面だけ整えてもお里が知れるとはこの事でしょう。やはり伝統を大事にしたいですね。

 

 これで、アメリカ合衆国編は終わりですが、ワシントンD.C.を紹介したのは、北から西にかけてアパラチア山脈と言う龍脈を持ち、東から南にかけて大西洋と言う水系を持つ理想的な場所だからです( 龍穴 )。東海岸の都市は概ね同様な事が言えます。また、西欧の文化を受け継ぎ、人工の龍脈も兼ね備えているのですから、世界の覇権を握ってもおかしくないと、改めて実感させられます。

 

 ではまた。次回はロシアにしましょうか。

 

 

 

[備考]

 

アパラチア山脈

 

 約4億5,000万年前から始まった、ローレンシア大陸・バルティカ大陸・アバロニア大陸の衝突( ユーラメリカ大陸を形成 )に起因し、その後、ユーラメリカ大陸とゴンドワナ大陸との衝突、更にはパンゲア超大陸誕生の過程で形成されたと考えられています。その後、パンゲア超大陸分裂時に、北アフリカのモロッコ( アトラス山脈 )・イギリス・グリーンランド・スカンジナビア半島にその一部が分断され、現在に至っています。

 

 

トップページ


関連ページ

ウラル山脈
ロシア屈指の龍脈であるウラル山脈はアジアとヨーロッパの境界です。

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール