「楽雲気法」が古代風水研究の原点!!

当家と楽雲気法

楽雲気法

楽雲気法」は正確には「樂雲氣法」と書きます(旧字体)。どうでも良い事ですね。

 

 私の祖父(初代白楽雲)は5男2女の7人の子供を儲けたのですが、長男と次男は幼少期に亡くしました。三男も生まれつき身体が弱く、学業にも支障があったと言います。私の父(二代白楽雲)は四男として、1929年1月1日(嘘の様ですが本当です)、この世に生を受けました。三男は1月2日、五男は1月15日ですので、毎回同じ時期に仕込ん・・・、いやいやこれ以上は爺様と婆様を冒涜する事になるので止めときます。父もやはり身体が弱く、医者に「小学校まで生きられない」と言われていたのだそうです。

 

 祖父の家の隣に、こじんまりとした洋館があり、貿易商を営む初老の華僑夫婦が暮らしていました。挨拶する程度で深い付き合いは無かった様です。父が一歳(1930年)の頃、その洋館に憲兵が押し入り家探しの末、御主人が連行されたそうです。三日後、方々に手をまわしても返してもらえず、途方に暮れた奥方に助けを求められた祖父は、陸軍将校で当時佐官クラスであった(終戦時は大将)友人に掛け合い、釈放されたのだそうです。顔は腫れ上がり、一か月近く寝込んでしまったと言います。

 

 祖父によると、当時三流国と蔑んでいた中国人(含台湾人)の羽振りの良さを妬んだ者の通報で連行したものの、証拠が出ず困っていたところに陸軍からの要請があり、釈放が早まっただけとの事なのですが、その夫婦は祖父に甚く感謝し、お礼に米と酒、そして金を持参して来たのだそうです。1日分の米と酒一升のみ受け取り、他は全て返したと言います(本当かぁ?)。

 

 祖父と御主人は仲良くなり身の上話をする内に、子供の話となり、夫婦には二人の息子がいるが、二人とも成人し(一人はアメリカ、一人は神戸)、二人だけでは寂しいので、「貴方の四男を暫く預からせて欲しい」「風水で助けられるかも知れない」と言われ、藁にも縋る思いで預ける事にしたそうです。こうして父は夫婦に預けられたのですが、半年もしない内にすっかり元気になり、医者も驚いていたと言います。

 

 父が三歳になった頃、世界恐慌の真っただ中で、日に日に戦争の足音が聞こえ始め、夫婦はアメリカへ移住する事を決め、取りあえず神戸へ引越す事になりました。父を養子にとの話を祖父が断ると、父をわが子の様に思っている証に「明巖」と言う名前を送られたそうです。因みに、祖父の戒名には「楽雲」、父の戒名には「明巖」が刻まれています。更に、「樂雲氣法」と書かれた便箋20枚程の手書きの冊子を祖父は受け取る事になったのです。

 

楽雲気法

 父はこの時の事を覚えており、この夫婦の事を本当の親と思っていたらしく、祖父母に返される時には悲しかったと言っておりました。「楽雲気法を施せば、三男も元気になり子孫繁栄となる」と言われたそうで、叔父も元気に天寿を全うし、五男も元気に育ち今も健在です。

 

 一月後、華僑夫婦から神戸に無事に着いたと言う便りがあり、更に三月後には、アメリカに旅立つ事を知らせる便りがあり、何時か再会を果たそうと言う内容だった様ですが、それ以降音信不通と相成りました。1945年5月の名古屋空襲(名古屋城炎上)で焼け出され、郊外に引越した為に、宛先知れずになってしまったのかも知れません。


白楽雲家の人々

楽雲気法

古代風水に秘められた真実と効果

右の写真は1940年の秋に撮られた写真です。太平洋戦争の1年前と言えます。左から(祖父の立場から見て)、孫(長女の娘)、3男、4男(私の父)、5男、そして祖父(初代白楽雲)。4男(私の父)が尋常小学校6年、孫娘と5男は尋常小学校1年です。

 

 お解かりだと思いますが、孫娘と5男は同い年で、5男の方がひと月ほど年下になります。5男(私の叔父)によると姪(私の従姉)に「チビチビ」と言われ「叔父に向かってチビと言うな」と言うと「オジサンオジサン」と言い返され、閉口したと言います。今も昔も、言葉では男は女の敵では無い様ですね。

 

 私にとっても、母より年上の従姉と言うのは違和感があります。感覚では叔母さんなのですが、お姉さんと言わなければなりません。母も年上の人に叔母さんと言われるのが嫌みたいですね。人に紹介するにもややこしくて説明し難いです。同じ様な境遇の方いますか。

 

 この写真でも解りますが、父はいつも家族の後ろか端に写っています。父曰く、幼少期の体験のせいか、何時も一歩下がるのが習慣になっていたとの事。それがこれ以降の行動に結び付いていたと私は推察しています。

 

 1944年1月、戦中の混乱期に多くの乳幼児が死ぬのを不憫に思った祖父は、楽雲気法に依る健康法を普及させる為に「楽雲舎」を密かに設立(集団結社が制限された時代です)したのですが、その運営は制約が多く、苦労が絶えなかった様です。


父と楽雲気法

楽雲気法

父が予科練(特攻隊の訓練所)に入隊を希望し、祖父母に内緒で願書を提出したのですが、添付写真のサイズが合わず、突き返されたものを祖父に見られ、夜通し説教をされた時に、「楽雲気法」を渡され、華僑夫婦への感謝を忘れず、犬死などするなと言われたのだそうです。

 

 予科練を諦めた父ではありますが、国鉄で働き、ひたすら召集がかかる事を心待ちにしていたと言っていました。「親の心子知らず」とは、正にこの事でしょう。敗戦を迎えた父は腑抜けとなってしまい、国鉄を辞め家を出、神戸・札幌・大曲(秋田)を転々とし、住み込みで働き、給料の大半を家に仕送りしていたそうです。

 

 6年後に自宅に戻り、働きながら祖父の手伝いに専念したと言っておりました。華僑夫婦との出会いが無ければ父は成人できなかったかも知れず、どうせ拾った命であるので家族の為に死のうと思うも、意を遂げられず複雑な胸の内だったのでしょう。

 

 こうして三男を差置いて父が「楽雲気法」を受け継いだのですが、当家に伝わった「楽雲気法」はその後どうなったかと言うと、祖父母と父と伴に当家の墓の中です。1959年5月、父は母との結婚を機に名古屋の北東に位置する瀬戸市に居を構えました。その年の9月26日、潮岬に上陸した台風15号(伊勢湾台風)は東海地方に甚大な被害をもたらしたのですが、新築の家は二階部分が飛ばされ、憐れ「楽運気法」は雨と、雨で溶けた土壁により、水と泥に塗れてしまいました。

 

 水で洗い天火干しをしたのですが、最早文字の判別すら出来なかったそうです。父はそれを祖父が眠る墓に納めたのです。多分既に亡くなっているだろう華僑夫婦の弔いのつもりだったのだと思います。よって、私は「楽運気法」の原本を見た事がありません。父が書き残したものは隅から隅まで覚えていますが、現物は、私が父の御骨と伴に当家の墓に納めました。

 

 「楽雲気法」が父を助け、私も生まれる事が出来たと言えます。それが良かったのか、悪かったのか複雑な心境です。「楽雲気法」は「古代風水」として生まれ変わったのです。多くの方に理解されのであれば良かったと言えますが、そうでなければ、何の意味も無い事と言えるでしょう。その場合は「古代風水」と伴にひっそりと当家の墓で眠る事といたします。


私と楽雲気法

楽雲気法

1963年5月1日に生を受けた私は、父とは違い生まれながらにして元気そのもので、野山を駆け回っていました(楽雲気法の御蔭かも知れません)。今の子供が絶対にしない様な危険な事も平気でしていたのです。その為、右腕を3回も骨折しています。逆の意味で親に心配をかけていた様です。

 

 私が幼少の頃、父に連れられ依頼者の元に良く連れて行かれました。父と出かけるのは嬉しかったのですが、詰まらない話を何時間も聞かされるのは正直苦痛でした。耳にタコが出来る程聞かされた為「楽雲気法」は、ほとんど頭に入ってしまったと言えます。

 

 小学校の高学年になると父と出かける事は減り(友達と遊ぶ方が楽しいので)ました。また、高度経済成長期の科学技術の躍進は私を科学の虜にし、風水などと言う非科学的なものを拒否する様になって行きました。父は無理強いをせず、私は「楽雲気法」から全く遠ざかってしまったのです。

 

 大学で鉱山学(採鉱学・採炭学・採油学・鉱山保安学・選鉱学・通気工学・輸送工学・地質学・鉱物学・岩石学・爆破工学など)を修め、海外鉱山経営を手掛ける企業の内定を貰い、地元(親元)を離れ、海外での仕事をするつもりでした。親も反対はしませんでしたが内心は違ったでしょう。

 

 そんな時に、名古屋の会社に就職した先輩(当然面識はありません)にリクルートされたのです。悩んだ末に名古屋に就職する事にしました(親が喜んだのは言うまでもありません)。

 

 入社と同時に他社と大学の先生との三者合弁の合成鉱物の研究所に出向となり、ファインセラミックスの研究に従事する事になったのです。3年間で実用に漕ぎ着け、量産化に取り組んでいた矢先に会社の稼ぎ頭の事業部の営業部に移動となりました。

 

 研究所の仕事は充実していましたが、息苦しさも同時に感じていましたので、営業への移動は期待の持てるものだったのですが、まさか虐めと嫌がらせに満ちた地獄になるとは思いも寄らなかったのです。実は、この研究所は金食い虫だと件の事業部長の目の敵にされていたのでした。

 

 この地獄は6年間続きます。これに耐えられたのは中国原料の調査担当を命じられ、年2回の中国出張が許された事が大きかったと言えますが、今から思えば「楽雲気法」が習慣化されていたからかも知れません。

 

 この様に、私の社会人生活の出発点は決して恵まれたものではありませんでした。予定通り内定を貰っていた会社に就職した方が良かったと思ったものです。

 

トップページ


 

関連ページ

古代風水研究の原点
古代風水研究会がどの様にして設立されたのか、誕生の経緯と過程を紐解きます。「古代風水は一日にして成らず」。

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール