中国との出会い!!

杭州から衢州(御眠りタイム)

杭州・衢州

(「楼外楼での食事(西湖のほとりで・・・)」からの続き) 

 

 翌朝7時に食事し、チェックアウト。民営企業の総経理助理(社長補佐?)の裘氏と通訳の林氏の出迎えを受け、いざ、鉱山調査へと出発です。

 

 と言っても、杭州から浙江省の西端に位置する衢州までの移動です。油面(アスファルト舗装)の道路が続く為、居眠りターイムの始まり始まり(仕事する気全くないなプンプン)。何事もメリハリが大切です(やかましいムキー)。

 

 参考までに、浙江省の略図を掲載いたします。

 

 

 建徳県(現在は市)の手前辺りで、油面(アスファルト舗装)の道路が終わり、目が覚めた白楽雲です。そろそろ昼飯の時間です。何もする事が無いので、寝るか食べるかしか楽しみがありません。

 

 建徳(厳州)は、以前江南の重要拠点とされ栄えた街です。建徳府が置かれたり、厳州府が置かれたりしたのです。歴史のある街だったんですなぁ〜。

 

 

 昼飯を食べ終わると、裘さんに「水力発電所に行ってみませんか」と言われ、何もする事ないので、行く事にしました。建徳の近くに、新安江を堰き止めた新安江水庫(ダム)があり、千島湖と言うそうな。

 

 淳安県(賀城)と遂安県(獅城)と言う、古からある城郭都市を飲み込み、住民は皆移住を強いられ、中国のアトランティスと言われているそうな。

 

 地図に載っていない村が未だにあると言われていた中国ですから、移住させられた人はまだ幸せだったでしょう。ある日、川の水位が徐々に上がり、何も知らず、住む場所を奪われた人もいる筈です。

 




 左から運転手、裘さん、発電所の案内係、私、Sさん、林さん

 

 何とも胡散臭い日本人2人ですね。千島湖は琵琶湖の約90%の広さの人口湖です。彼らとしては、自慢すべき建造物なのでしょうが、申し訳ありませんが、全く興味が無いのでございました。

 

 さて、ワゴン車に揺られる事9時間、午後6時過ぎに本日の宿泊地、衢州市に到着。

 


 衢州城門(写真借り物です)

 

 何もしていませんが疲れました。ホテルは無く、招待所(簡易宿泊所)ですが、湖北省よりはましです。 兎に角、飯食べて寝るだけ。これでは豚の様に肥りそうですね。

 

 案の定、ビールは冷えてません・・・。

 

 

 

(つづく)


何がそんなに楽しいの

常山県芳村鎮

 翌朝7時に朝食を摂ると、すぐさま出発です。衢州市から更に西の常山県芳村鎮の鉱山を調査した後、麗水市まで移動せねばなりません。

 

 しかし考えてみれば、こんなとこまで来た日本人はかつていたのであろうか。何の因果でこんな田舎町に来てしまったのか(上司の命令だろ)。

 

 常山県芳村鎮から更に山を登って行きます。ちょいボケですが山です(見りゃ解るわい、何の山だよ)。

 

 

 更に登って行きます(無視かい)。かなり高く上がって来ました。湖北省で高度計付きの時計をあげてしまうんじゃなかったと後悔する白楽雲です。

 

 

 すると、前をトラックが道を塞いでいます。もう鉱山は近いとの事。農作業から戻って来たと思われるお婆さんが、嬉しそうに何か話しかけて来ました。

 

 

 流石のSさんも「方言がきつくて解りません」。中国では山を越えれば別言語と言って良い程の違いがあり、特にお年寄りは普通語が話せません。

 

 因みに普通語(プートンホワ)とは北京語ではありません。北京語は北京訛りの言葉です。でも面倒なので北京語が普通語の様に言われています。

 

 悪路の為、ゆっくりと上がって行きます。ふと後ろを見ると・・・。

 

 

 子供達が追っかけて来ます。そして追い越していきました。そして、村らしき場所を通り過ぎ暫くしてまた後ろを見ると・・・。

 

 

 村人たちが、ぞろぞろとついて来ます。杖を突いているお婆さんまでいます。私達は余程珍しいのでしょう。差し詰めジャニーズと言ったところか(日本人がどんな奴らか見たかっただけだろ)。

 

 さて、やっと鉱山に着きました。

 

 

 ワゴン車に群がる村民たち。左端の兄ちゃんは踊っています。「何がそんなに楽しいの」と聞いてみたい心境です。日本からの有名人に少々興奮気味ですね。何かStarになった気分(勘違いするなよ)。

 

 そして、その鉱山が「これだぁ〜」って、つまんないでしょ。

 

 

 そして、掘られた石が「これだぁ〜」って、私もつまんないのですが・・・。

 

 

 パイロフィライト(葉蝋石)と言う鉱物です。知らない人なら、「ただの石じゃん」と思うでしょ。 実は当時私もそう思ったのです。しかし、Sさんにはそんな事言えませんので、蘊蓄を並べ立てたのでございます。

 

 「これを陶器の素地に配合すると焼成時の熱膨張が抑えられるんですよ、割れたりヒビが入ったりするのを押さえるんですね」なんてね。

 

 写真も撮ったし、サンプルも採ったし、もうここには用はありません。とっとと撤収しましょう。麗水までの道のりは結構あるのです。

 

 こんないい加減な仕事で、給料と出張旅費が貰えるんだから溜まりませんなぁ〜(その内天罰下るぞ)。何ですかぁ〜(聞えない振りしなぁ〜いプンプン)

 

 

 

(つづく)


退屈ったらありゃしない

常山県芳村鎮

 鉱山を後にした(全く未練もございません)私達は、鉱山を管理している常山県芳村鎮の人民政府を訪問しました。とっとと次に行きたいのですが、表敬訪問はしとかなくては仁義に反しますから仕方ありません。

 

 中国には、@国、A省級(省・直轄市・自治区・等)、B地級(市・地区・自治州・等)、C県級(市・県・自治県・等)、D郷級(鎮・郷・街道・等)の5段階の行政区画があり、それぞれに人民政府があります。

 

 国の下に省(省級)があり、その下に市(地級)があり、その下に県(県級)があり、その下に郷(郷級)があるのです。ややこしいのですが、A〜Cの3つの行政区画に市がありますね。市と言っても3段階あるのです。

 

 例えば上海市は省級(直轄市)で省と同格。杭州市や衢州市は地級市、現在の常山は常山市で県級市となります。衢州市管内の常山市なのです。この当時は県でしたので常山県とします。

 

 一時期、郷鎮企業と言う言葉がありました。改革開放政策で郷や鎮の指導で事業が進められたのです。この鉱山も常山県芳村鎮による郷鎮企業と言う訳ですね。鎮政府管轄企業と言う訳です。

 

 当然、政府の役人の他、鉱山従業員を抱えており、住居も提供されます。役人や従業員の家族が出迎えてくれました。それもその筈、こんな田舎に来る外国人なんていないのです。

 

 

 私達はその第1号、正確には私は車の中ではSさんの後ろに座ってましたから、第2号です。鎮政府に踏み込んだのが、どちらが先かは忘れました(そんな事如何でも良いわいプンプン)。

 

 私は皆さんが思いもしない様な中国のあちこちの田舎に放り込まれたのです。よくぞ生きて帰れたものだと感慨深いですね(アホかプンプン)。

 

 行く先々で日本人1号・2号となっているのですよ。すごいでしょ。中国の歴史に刻まれているのです(何言ってんだよ、もうとっくに忘れられてるわい、これ以上引き延ばしたら、ただ置かないからなムキー)。へ〜い。

 

 御土産の煙草(阿詩瑪)を1カートン(正直期待していないので)渡し、適当にお茶を濁して退散するつもりが、「食事をして行きなさい」と言われ、庁舎内の食堂(役人や従業員用)で昼食をいただきました。

 

 余程期待されているのでしよう。少しの後ろめたさを感じつつ、逃げる様に芳村鎮を後に。ここからは衢州市・金華市を経由して、麗水市まで悪路との格闘です。運ちゃん頼んだよ。安全且つ迅速に突っ走ってちょんまげ。

 

 しかし、寝たくてもこの悪路では如何にもなりません。景色も単調(山山山三昧)で退屈ったらありゃしない。仕方が無いので、私とSさんは互いの前半の出張の顛末を話して時間潰しです。

 

 私が湖北省でジタバタしている間、Sさんは広東省に居たのです。前回の出張時に持ち帰った広東省の粘土の品質が思いの外良く、事業部長が悪巧みを企んだのです。

 

 顧客を巻き込み、広東粘土視察ツアーを催することになりました(最終日は香港)。その案内役を果たして来たのですよ。

 

 以前から読んでいただいている読者様ならピンと来ましたよね、その真の目的が・・・。知りたい方は「お前の母ちゃん出べそ」を参照して下さい。

 

 私はSさんに、「香港の楽しみが無くなっちゃいましたね」と言うと、「スケベなヒヒ爺の相手してるより、よっぽどましですよ」、「嬉しい事を仰る」(まだましだって言ってるだけだろ、勘違いするなよなプンプン)。

 

 「もうそれ目的見え見えですからね、広州ではダメなのかって言われても、もし捕まったらエライ事ですよ、もう駄々っ子の様でしたわ、後は香港事務所の連中が上手くやってくれたでしょう、やれやれです」。

 

 「それは御苦労様です、さっさとこちらも予定消化して、上海で美味い酒でも飲みましょう」と、これから起こる事態も知らず呑気な白楽雲です。

 

 次回、我々に降りかかる事態とは・・・。乞う御期待(そればっかだなぁムキー)。

 

 浙江省の略図を参考にして下さいね。

 

 

 

 

(つづく)


いったい何が・・・

麗水市

 麗水市に到着したのは午後7時。まぁ〜仕方ないですね。ここも招待所(簡易宿泊所)での宿泊ですが、衢州市よりも立派です。兎に角疲れました。食事の後、泥の様に眠りましたよ。

 

 そして目覚めたのが午前5時。お外に散歩に出たのですが、何も見るものがありません。仕方なく部屋に戻って、朝風呂と洒落込みました。

 

 さっぱりしたところで、ミネラルウォーターを固形燃料で沸かし、インスタントのレモンティとコーヒーを入れ、ささやかな幸せを感じながら交互に飲み比べ、久しぶりにまったりする事が出来ました。

 

 ポットにはお湯があり、沸かしてありますから問題は無いのですが、たまには良い水で飲みたいですよね。多少匂いもしますから。

 

 7時に朝食を摂り、直ぐに出発です。今日もハードスケジュール。と言ってもほとんど車での移動ですけどね。悪路の連続でしょうから結構つらいのです。またまた退屈な1日になりそうですね。

 

 先ず泰順県に行き、近くの鉱山を調査の後、泰順県に戻ってから福建省側の寿寧県の近くの鉱山を調査し、麗水県に戻って来ると言う工程です。

 

 途中、?(シェ)族と言う少数民族の集落を幾つか通過するんだそうです。何故か外国人の立ち入り禁止区域なんだそうですわ。そんなところに立ち入って良いのかしらね。良く解りません中国は・・・。

 

 暫し、雄大な景色をご堪能あれ。と言っても車中からの撮影は至難の業です。手ぶれしまくりですので、比較的良い写真だけです、御容赦を。

 


 

 次はトイレ休憩中に撮影した写真です。

 


 

 トイレ休憩と言っても非正規(立ち・・・)です。男ばかりですし他に方法が無いので御容赦を・・・。言っときますけどね、女性の前では決していたしませんよ。でも、ちゃんと手を洗ってますからね。

 

 たまに湧水があるのです(ホントかなぁ〜ニヤリ)。いやいや、ほらね・・・爆  笑。

 

 

 日本人なら手を洗わないとね。何事も清潔が一番。

 

 皆さんは SARSを覚えてますか? 。当時、かなりの日本人が中国に居ました(私もその一人)が、1人も感染しなかったのは手洗いの習慣があったからだと個人的には思っております。

 

 韓国人も1人も感染しなかった様ですが、その理由をキムチを食べていたからだと言っています。でも、MARS が流行してしまいましたよね。同じコロナウイルスなのにね。やはり手洗いは重要だと思いますよ。

 

 さて、常山県を通過し、本日最初の鉱山調査です。常山の南南東、福建省との省界近くの亀湖と言う場所です。写真を撮り、サンプル取ったらとっとと撤収です。まだ先があります。

 

 一旦常山に戻り、ちょっと遅めの昼食(午後1時)をさっさと摂り、今度は福建省側の寿寧県の手前の鉱山の調査です。省界を越えるってのは何だかドキドキするものですね。

 

 にも拘らず、浙江省側の集落に差し掛かり、道が少し良くなったところで不覚にもウトウトしてしまった白楽雲です。

 

 その時、「あ゛〜」と言うSさんの悲鳴に近い叫び声に目を覚ました白楽雲。

 

 いったい何が・・・びっくり(引き伸ばしが姑息だなぁ〜ムキー)。

 

 解った方はコメントで御回答を・・・。正解者には、私の投げキッスを差し上げます(そんなもん欲しがる人はいないぜニヤリ)

 

 

 

(つづく)

 

 

 

 浙江省の略図を参考にして下さいね。

 

 


裸足の少年(君は誰・・・)

裸足の少年

 「あ゛〜」と言うSさんの悲鳴に近い叫び声に目を覚ました白楽雲ですが、目の前にダンプカーが・・・。しかし、もう手遅れです。

 

 身構える間もなく衝突し、私は反動で前の座席の背もたれに、左腕から激突し、反動で座席に押し戻されました。

 

 たまたま首にはめるクッションを、前の座席の背もたれに差してあったところにぶつかった為、大事に至りませんでしたが、左腕が少々痛みます。しかし、全員無事で何よりです。

 

 衝突後、間もなく撮った写真です。運ちゃん呆然としています。

 

 

 ぶつかって来たダンプカーです。かなり旧式のボンネットですね。

 

 

 我々のワゴン車がこれです。フロントガラスが粉々です。

 

 

 あれ、ワゴン車の隣でカッコつけてる少年は、もしや徹平君では・・・びっくり(な訳あるかい、彼はまだ4歳だぜムキー)。何故に裸足なの・・・(知るかプンプン)。君は誰・・・(誰でも良いわいプンプン)。

 

 ワゴン車は衝突の反動で、2メートル程押し戻された様です。

 

 

 ダンプカーが完全に道を塞いでしまっています。そこへ運の悪い事に、福建省側から客を乗せたバスがやって来ました。

 

 

 ダンプカーを移動させれば良いと思うでしょ。でも中国では完全現状維持が鉄則です。1oとて動かしてはいけないのです。当然バスは立ち往生。形式主義もええ加減にしとかんとあかんで、しかし・・・。

 

 村人でしょうか、どんどんギャラリーが増えて行きます。

 

 

 更に、バスの乗客達もが、ギャラリーと化しています(災難でしたね)。

 

 

 万が一、貴重品を盗られては拙いと思い、ワゴン車に戻ると、学校帰りと思しき少女達がワゴン車の中を覗いています。

 

 

 何もしないとは思いますが、気持ちの良い物ではありません。

 

 子供達は燥いでいます。

 

 

 ここの村人達にしてみれば世紀の大イベントなんでしょう。テレビもないし、電線無いから電気だって通ってないでしょう。

 

 しかし何とかならんのかよ。公安に連絡しなければ埒が明かないのですが、この村には当然電話がありません。携帯電話など無い時代ですしね。

 

 さぁ〜、如何したのでしょうか。貴方は名探偵コナンになれるか・・・。ヒントは徹平君(だから違うってプンプン)が写っている写真の中に・・・。

 

 解った方はコメントしてね。私の投げキッスは如何(要らねえって言ってんだろ、バーカムキー)。

 

 じゃも〜、解りました。おまけのおまけです(同情曳こうとしてるなニヤリ)。

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 浙江省の略図を参考にして下さいね。

 

 


悪名高き名車トラバント

裸足の少年

 運ちゃんが咄嗟にハンドルを右に切ったおかげで山側に押し戻されましたが、下手をすると崖から転げ落ちていたでしょう。

 

 事故現場の直ぐ脇の写真(棚田までの高さは5m程)。

 

 

 ここから転げ落ちていれば、ただでは済まなかったでしょうね。「九死に一生を得るたぁ〜この事だぜ」(ちょっと大げさじゃねーのかよ)と事故の興奮が冷めたて来た頃、既に事故から20分程経っています。

 

 どちらの運ちゃんも公安が来るまで動く気がありません。中国では運転手は特殊技能者でプライドが高いのです。動いた方の負けとでも思っているのでしょうか。「俺だって特殊技能者なんだぜプンプン」。

 

 しかし、このままでは埒が明きませんし、こんな山奥で足止め喰ってる暇はないのです。私とSさんは裘さんと通訳の林さんに詰め寄り「ここに何時まで留まるつもりですか」とやんわり文句を言いました。

 

 すると林さんが集落に留めてある自転車を指さし「私が自転車を借りて麓の町まで行って来ます」と名乗りを上げたのです。まぁそれしか手が無さそうですね。早速、村人と交渉です。

 

 

 しかし、この村はどうも?(シェ)族の村の様で言葉が通じません。私は咄嗟に「あの子達なら普通語解るんじゃないですか(学校で普通語教育を施されている筈です)」てな事で、小学生による通訳です。

 

 しかし、村人は自転車を貸してくれません。これではどうにもなりません。私は先程ワゴン車から持って来た財布から100兌換券を取り出しました。

 

 「返すの面倒でしょ、これで買い上げて下さい、町で乗り捨てて、車を調達して戻って来て下さい」と言って、林さんに100兌換券を手渡したのですが、村人は「そんなの金じゃない」と受け取りません。

 

 彼らはこの兌換券の事を知らないのです。それどころか、1.5〜1.8倍の価値がある事も知る由もありません。無知とは悲しいものですね。

 

 私は裘さんに「こんなところで足止め喰って、鉱山調査出来なかったら、私が困ります、人民元に両替して払って貰えませんか」と言うと、納得した様に10元札を10枚村人に渡そうとしましたが売ってくれません。

 

 裘さんは「行きましょう」と言う身振りです。「それじゃ〜困るんだよ」と言うと、林さんが「とりあえず抑えて下さい」と私の背を押す様に、その場を離れ様としたその時、村人の「#$%&#$%&」の声。

 

 振り向くと「150元なら売ってやる」との事。裘さんは首と手を横に振り、立ち去ろうとするとまたも「#$%&#$%&」の声。やっと売買成立です。面倒臭いったらありゃしない(ムキームキームキー)。

 

 林さんは村人の気が変わらぬ内にと村を後に来た道を降って行きました。「頑張ってね、生きて戻って来てね〜」と言いながら、見えなくなるまで手を振り続けました。やれやれ、何時戻って来るのやら・・・。

 

 林さんが戻って来るまでの間に撮った写真です。つまらないでしょうが・・・。

 


 

 待っている間に騒ぎを聞きつけた農作業中だったと思しき村人達が、鎌を片手にやって来た時にはちょっと怖かったですよ・・・。

 

 事故が起こってから約2時間後、林さんが白の旧東ドイツが誇る悪名高き名車トラバントに乗って戻って来ましたよ。取り敢えず良かった良かった。

 


 白のトラバント(借物)

 

 まさか、こんなところでこいつに乗る事になるとは・・・。しかし、文句は言ってられません。ところが、困った事に、3人しか乗れません。荷物を残し、林さんは証人として現場に残ってもらう事にして出発です。

 

 約2時間遅れで鉱山に到着。やる事やってさっさとトンズラです。珍しく坑道掘りもあったので、写真を撮りました。

 

 

 「中に入れ」って、冗談はよし子さんです。折角助かった命です。粗末にする訳に行きません。ですからこの写真は報告書には乗せませんよ。

 

 来た道を戻り、先程の村を通過しましたが、ダンプカーもワゴン車も村人達さえもどこかに行ってしまいました。2台の車は泰順県の公安で事情聴取中なんでしょう。

 

 どちらにしても、今日は麗水まで行く事は出来ません。泰順県でのお泊りです(結局事故がらみで3記事書きやがったなニヤリ)。いやいや、もう1記事有りますよ(まだあるんかいムキー)。

 

 実は、事故が起こった同時刻、日本(白楽雲家)ではトンデモナイ事が起っていたのを全く知らない白楽雲です。その記事はまた今度お話ししますね。何の因果でしょうか、呪われているのかも・・・びっくり。

 

 

(つづく)

 

 

 浙江省の略図を参考にして下さいね。

 


関連ページ

初めての中国@
古代風水発祥の地である中国への初めての出張中に出遭った数々の出来事を、面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。
初めての中国A
古代風水発祥の地である中国への初めての出張中に出遭った数々の出来事を、面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。
初めての中国B
古代風水発祥の地である中国への初めての出張中に出遭った数々の出来事を、面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。
2回目の中国@
古代風水発祥の地である中国への2回目の出張中に出遭った数々の出来事を、面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。
2回目の中国A
古代風水発祥の地、中国出張及び長期駐在中に出遭った数々の出来事を面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。
2回目の中国B
古代風水発祥の地である中国への2回目の出張中に出遭った数々の出来事を、面白おかしく御紹介いたします。御気楽にお立ち寄り下さい。

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール