古代風水に興味を持っていただいた方へ!!

古代風水裏話

古代風水に関わる裏話

 

古代風水に興味を持っていただいたあなたは、冷静な判断能力をお持ちだと推察いたします。

 

 しかし、多くの人達は風水を魔法か占いの様に思われていると思います。そもそも、魔法など存在しませんし、占いと勘違いされるのは、現代風水が取り入れた易学的要素が原因です。

 

 

 

 この様に勘違いされている方々に、いくら説明しても理解してもらえないでしょう。

 

 古代人に「地球は丸い」と教えても理解してくれるどころか気がふれていると思われるのと同じですね。

 

 しかし、真実は変えようがありません。正直もどかしいのですが、理解しようとしてくださる方に、これから申し上げるお話を、冷静に御判断いただき、御評価いただきたいと思います。

 

 

 そのために、古代風水裏話を掲載いたします。

 

 

 「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われる八卦も易学から生まれました。易学は2000年以上前の事象を根拠とする古代の統計学と言っても良いのです。当然、現代に当てはまる訳がないのですよ。

 

 だからと言って、日々進歩が加速されている現代に有効性のある統計を取る為の事象の蓄積は意味がありません。何故ならばどんどん意味の無いものになってしまいますからね。

 

 古代風水は、そんな易学的な要素や奇門遁甲などの占術的な要素を全く含んでいません。純粋に自然から得た知識なのです。

 

 

 古代風水は科学的根拠がある立派な学問なのです。

 

 

 「風水の真実」で深く説明出来ませんでしたが、もっと知っていただきたい事を、御興味のある方だけにお届けしております。興味のない方も見ていただいて構いませんが、決して、うつけの戯言と思わないでくださいね。

 

 私達、古代風水を研究して来た者としては至って真剣な話なのですよ。御理解の一助となる事を・・・。

 

 

(「次へ」)

 

トップページ

 


記事一覧

現代風水について

1990年代に突如として起こった風水ブーム。 これによって、「風水」と言う言葉を知らない方はまずいないでしょう。巷では風水グッズが氾濫しています。これで幸せな気分になれるのであれば、人様のためになっているのですから良い事だと思います。 しかし、問題だと思う事は、これにに関連付けて関係のないものを売り...

≫続きを読む

 

お天道様の話

「お天道様」、「子供は風の子」 既に死語と成ってしまいましたが、50代以上の方は御存じでしょう。若い方は「何それ」と言うかもしれませんね。 「お天道様」は、何時も伴に生活している太陽の尊称です。「子供は風の子」は、子供は冬でも風の様に元気に外で遊ぶ様に仕向けた言葉です。古代風水が風習・習慣として現存...

≫続きを読む

 

お月様の話

お月様と言えば何を連想しますか。 潮汐力や潮の満ち引きを連想する方も多いと思いますが、全く気にも留めていない方も多いでしょう。 古くから、東洋では中秋節(中秋の名月)と言った月を愛でる風習が一般的です。日本では竹取物語の様に嫌がるかぐや姫を無理やり連れて行ってしまう悪役的存在として描かれますが、概ね...

≫続きを読む

 

龍脈の話

龍脈の正体は花崗岩(御影石)です。 花崗岩はそれを構成する鉱物や含まれる元素によって2つの特性を有しています。その特性が放つエネルギーこそが龍脈エネルギーなのです。 これに気付いたのが、古代中国の優れたリーダー達です。しかし、これは何処にでもあると言うものではありません。 中国の花崗岩分布図で龍脈の...

≫続きを読む

 

地磁気の話

地球には地磁気がある事を御存じだと思います。たまたま北極の近くにS極が、南極の近くにN極があるため、方位磁石のN極が北を指し、S極が南を指すのです。 時々北極をN極、南極をS極と勘違いしている方がいますので御注意を!! ところで、近年急速な地磁気減少が起こっている事を御存じでしょうか。地磁気減少に関...

≫続きを読む

 

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール