諸葛亮(孔明)〜古代風水最後の風水師〜

諸葛亮(孔明)

諸葛亮(孔明)

 

最後にやはりこの方に登場してもらいましょう。

 

 

諸葛亮(孔明)さんです。

 

 主君である劉備との「水魚の交わり」に集約される君臣を超えた信頼関係は有名ですね。劉備死して後、その信頼に応えるべく劉備の暗愚な息子劉禅を支え孤軍奮闘しました。

 

 軍中で没したにもかかわらず、屍を以て宿敵である司馬仲達を奔らせるなど、鬼神の如き名将であり名宰相の誉れ高き天才です。数々の発明や神の如き軍事・政治の手腕は並び称される者なしと言われる程です。

 

 しかし、実際は美化され過ぎです。劉備は連戦連敗、諸葛亮(孔明)は仕官の当ての無い傷心の身である二人がたまたま出会い、意気投合したのは歴史の悪戯と言えます。

 

 劉備は高祖劉邦の血を受け継いだのか人を引き付ける何かがあったのかもしれませんが、人情家であったのが乱世では命取りでした。孔明も非情になり切れなかったのが最大の欠点であったと思います。

 

 

 若過ぎたとも言えるかもしれませんね。

 

 

 迅速に蜀を侵略し、力を蓄えてから呉と連携し、長安を攻めていれば龍穴の地を手に入れ、函谷関を封鎖すれば容易に攻められず、国力を蓄える事ができ、魏を倒す事もできたかもしれません。

 

 仁義に厚く優柔不断な劉備を御し切れず、蜀侵略に時間を要した上、荊州に固執したために呉の孫権との軋轢が生まれ、結果的に関羽を失い、劉備を無謀な弔い合戦へと急き立て死期を早めたと言えます。

 

 才能を愛した愛弟子の馬謖の失態を予見できず、無理な北伐(長安攻め)を重ね、自らの死期を早めたと言って良いでしょう。

 

 龍脈(長安一帯)を抑えられず、臥龍のまま死した悲運の風水師であり、古代風水最後の風水師です。

 

 劉備亡き後、自ら死に場所を求めたのかもしれません。

 

 これ以降、古代風水も忘れ去られ、次第にいかがわしい風水へと変貌して行く事になるのです。

 

 しかし、呂尚(太公望)や張良の様に、非情になり切れなかった点が逆に人間として評価されたとも言えるでしょう。

 

 お暇ならば龍脈の旅を覗いてみて下さい。

 

 

(「次へ」)

 

トップページ

 


関連ページ

龍脈と王朝
中国の王朝が都とした場所は例外無く龍脈の近くであり、いわゆる龍穴と呼ばれる場所です。
王朝と風水師
古来より、王朝の栄枯盛衰には風水師が関わって来ました。

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール