現代風水に物申す!!

現代風水について

現代風水の疑問と問題

 

1990年代に突如として起こった風水ブーム。

 

 これによって、「風水」と言う言葉を知らない方はまずいないでしょう。巷では風水グッズが氾濫しています。これで幸せな気分になれるのであれば、人様のためになっているのですから良い事だと思います。

 

 

 

 しかし、問題だと思う事は、これにに関連付けて関係のないものを売りつけたり、人の弱みにつけ込んで暴利を貪ったり、おかしな考えを植え付けたりする許し難い行為が横行している事です。

 

 多くの風水師が我こそが正統だと、自派の正統性を主張する事に終始し、現代風水の世界に蔓延る不届きな輩の存在に目を瞑り、黙認しているとしか思えないのが残念です。

 

 正統性の主張は置いといて、善良な風水師が集まり、不届き者を弾劾して行く事を考えるべきではないでしょうか。風水被害に遭う方達をまず救う事を考えて欲しいですね。

 

 その内に、風水はインチキだと言われる様になってしまいます。依頼側の心の弱さにも問題があるのですけどね。

 

 現代風水を大別すると、地勢を重要視する巒頭派と、易学などを重要視する理気派に分ける事ができます。

 

 しかし、実際はおおむねその両者が合わさり、奇門遁甲などの占術なども取り入れられて、複雑怪奇な理論として成立してしまったのです。

 

 そのために、呪いや占いの類と誤解される事もあります。真実が全く理解されていないのです。

 

 現代風水で言う「気」と言うものは、いったい何でしょう。生き物なのか、意思があるのか、兎に角得体のしれない存在です。好きな色がある様ですし、人の生年月日によって、ちょっかいの出し方を変える様です。

 

 家具や置物の位置や方向にまで口を出し、口煩い姑を扱う如く気を使わなければなりません。「それって霊の様な存在ですか」と疑いたくなります。

 

 賢明な読者の方は、面白半分、期待半分で、命がけと言った感情はないと思います。それで良いのです。真面に信じていたら限がありませんよ。

 

 

(「次へ」)

 

トップページ

 


記事一覧

現代風水の抱える問題

頑なに自派の風水理論を守り続ける真面目な風水師も大勢いるのですが、詐欺まがいの輩も結構多いのが現実です。 これが、現代風水が抱える問題です。 現代風水の大御所ともなれば、結構な相談料を要求されます。スタッフや弟子も多い事でしょうから仕方ないかもしれませんけどね。 しかし、大御所でもないのに30分の相...

≫続きを読む

 

現代風水の弱点

現代風水の多くは、香港・澳門(マカオ)・台湾で盛んであったものが基です。これは、清王朝によって王朝以外での使用が禁止され、清朝の影響力の比較的弱い中国南方で、民間に埋もれて広まったものです。 その後、共産党政権となり毛沢東によって思想統制がなされた事で、イギリス統治下の香港、ポルトガル統治下の澳門(...

≫続きを読む

 

 
トップページ サイトマップ 風水の真実 古代風水裏話 特集 商品情報 プロフィール